諦めの悪い奴は幻魚が食べたい

富山マラソンが迫っている。10月29日9時に高岡市役所前をスタートし、12時29分に富山市総合体育館前でフィニッシュするのが理想だが、おそらく無理だろう。順調にいっても12時40分頃か…
日本一美しいといわれる環水公園のスターバックスがフィニッシュ地点のすぐそばにあり、ここでニッコリ記念撮影といきたいものだ。
富山マラソンで一番の鬼門はやはり新湊大橋。ほぼ中間地点に位置するこのポイント、半分走ってホッとした頃に待ち受ける50mの登り坂だ。気にならないという人もいるが、やはり私にとってはこのポイントが最大の不安材料だ。
新湊大橋

毎回楽しみにしているフルマラソン。決まってその時期が近づくと恐怖心が出現する。この恐怖心はスタート直前まで続く。記録を狙う走りなんかしていいのか。42.195kmも走っていいのか。途中で突然倒れて家に帰ることはないのではないか。俺の命、このマラソンの途中で終わってしまうのか。恐怖なのだ。香港で突然起こったあの激痛が蘇る。なんで俺はこんな危険なことをしているのだろうとか、自分でも自分がわからなくなる。周りからは勇気がある人だと言われる。とても真似はできないと言われる。凄いことだとは思うが命を削ってまで走ろうとする気持ちが理解できないと言われる。でも勇気がある訳ではない。諦めが悪いだけ。心筋梗塞を発症する前のサブ3への通過点、サブ3.5が未達成だったので再チャレンジしているだけなのだ。こんな身体になってしまっても、もしかしたらできるんじゃないかという期待が捨てられないだけなのだ。日本一、世界一諦めの悪い奴なだけ。次に思いつくやりたいことがない。今はこのサブ3.5が生き甲斐。激しい運動で心臓機能が少々低下してしまうことは納得済み。何かを犠牲にしなければ高い目標はなし得ない。サブ3.5を達成し、別府大分を完走するまではなんとかもってほしい俺の心臓。

最近は練習中に自分の心臓のことを忘れている。3分台で走る速い人を見て、何で自分はあんなふうに走れないのだろうと単純にそう思う。もっと練習して速くならなくては…
でも、あんなふうに速く走れないのは当たり前なのだ。だって心筋が4割も死んでいるのだから…
ここまで来れただけでも凄いことなのだ。それなのに心のどこかにまだ期待がある。サブ3は無理だとしてもサブ3.5なら…サブ3.5の次は3時間20分、15分…
自分が怖い。お前はどこまで諦めの悪い奴なんだ。

前述したように最近は練習中に心臓のことをあまり考えていない。それは良いこととは言えない。心拍数を計測するセンサーはつけているがそれを確認することはない。練習後に最大心拍数と平均心拍数を確認するだけ。そんな習慣はよろしくないのだ。自分の身体、心臓、危険のないようきちんと管理して走らなければならない。危険を冒して走っているのだからそれが最低限のマナーである。倒れて困るのは自分、家族。迷惑なのはその時一緒に走っているランニングクラブの人たち、コーチなのだから。大会中なら大会関係者に多大な迷惑をかける。そうならないように最低限のマナーを忘れないことを実行しなければならない。

富山マラソンが終わったら、もう一度食べたいのが幻魚(げんげ)。去年の魚津しんきろうマラソンの時に食べた幻魚が忘れられない。ゼラチン質のこの魚。腐りやすくて出荷できないため地元でしか食べられないのだそうだ。「おいしんぼ」というグルメ漫画に載ったことから有名になった。見た目はグロテスクな魚。腐りやすいので生では食べず、唐揚げにして食べることが多い。口に入れるととろけるような食感。全部がゼラチンといった感じで富山の日本酒に実に良く合う。アルコールは弱いのであまり好きではないが、幻魚があれば冷酒2合はいけるだろう。(酔っぱらうが)事実魚津しんきろうの時は前日飲みすぎて肝心のマラソンがDNFだった。
幻魚は魚津でしか食べられないと何かに書かれていたのを見た記憶がある。本当に富山にはないのだろうか。同じ富山湾、あるような気がするので調べてみたい。
げんげ

いずれにしても富山マラソンまであと11日。カウントダウンが始まった。
案内
スポンサーサイト

目標修正

10月8日DACの練習会で荒川河川敷30キロ走に参加しました。
富山でサブ3.5を達成するには、キロ平均4分58秒で走らなければなりません。スタート時のロスタイムと渋滞によるロスタイムを考慮するともっと速く走らなければなりません。
この日の練習会は、サブ3及びサブ3.5を目標にする者が参加したものでランニングマガジンとの共催でした。クラス分けも細かく設定されており、私の希望は4分50秒ペース。しかしそんなにうまくはいかないもので4分45秒の次は5分ジャスト。4分45秒で30キロは無理がありますが5分ではサブ3.5を微妙にオーバーしてしまいます。
①5分クラスでついていき、25キロ過ぎからペースを上げて30キロを2時間30分以内で走る。
②4分45秒クラスで20キロまでついていき(辛抱して)、その後遅れることは覚悟で2時間25分(キロ4分50秒)で走り切る。
スタートの直前まで悩みに悩みましたが②を選択しました。

「フルマラソンをキロ5分で走る者がキロ4分或いはそれ以下で走るインターバルを多用すると、キロ5分で走ることが凄く楽に感じる。」そうDACの練習会で言われていました。確かに4分15秒~30秒で走るペース走(5000m~6000m)など楽に感じます。しかし、不安なのはいくら4分30秒で走ることが楽に感じてもそれが何キロまで続くのかということです。6月にクラブを変えてから、練習はインターバルが主体で距離走とくにロングの距離走が不足しています。不足というよりやっていません。持久力があるのか、スピード持久力があるのか全く未知の世界になってしまったのです。
そんなこともあって先週40キロのLSDを行いました。ゆっくりであれば難なくこなせました。持久力は確認できたので、今日はスピード持久力の確認ということになります。キロ5分でいくよりも、練習なので4分45秒でどのくらいまで耐えられるのかを試した方がいいだろうと考えて最終的に4分45秒クラスを選択しました。

この練習会では4分45秒クラスを選択する者が一番多く、この中でさらにクラスを分けをすることになりました。私は先頭集団の4分45秒クラスでした。
スタート順は速いクラスから。3分台クラスから順に走り始めました。気温が高く(26~27℃はあったかと)快晴。とても10月とは思えないほどの天候だったため、走り始めてすぐに「これは脱水になってしまうなあ」とつぶやく者がいました。私もそんな不安が頭をよぎりました。香港国際マラソンで急性心筋梗塞にかかったのは脱水も影響しています。同じ目にあってはいけないのです。十分に注意しなければなりません。給水がしっかりできるか不安でした。

最初からほぼトップスピード4分45秒以下で走り、時折ガーミンを見ると4分15秒~4分20秒に上がってみたりとかなり速いペースでした。4分45秒ペースの2クラスは同時にスタートしたはずなのに、後ろについていた同ペースのクラスはかなり離れています。3~4キロを走った頃からペースはほぼ一定になり、それでも4分45秒をオーバーすることはありません。
インターバルで3分台後半のスピードに慣れていたのでこのペースでもさほど速さは感じませんでした。むしろ遅いと感じ前の人の脚を蹴りそうになってしまいます。この感覚はいつまで続くのだろうと思いながら走り続けました。
5キロ地点で最初の給水がありました。紙コップに半分ほどは入ったスポーツドリンクを一つ取って走りながら飲みました(レースと同じ)が、走りながらなので半分ほどしか飲めません。次でもう一つ、いや二つ取ろうと思い前へ進みましたが 給水は一箇所で終わりでした。
もうすぐ10キロになるというところで2回目の給水かありました。今度は一つのウォーターボトルを皆んなで回し飲み。回ってきたボトルで一口だけ飲み、すぐに後ろへ回しました。もっとたくさん飲みたいのですがこの集団の人数では足りなくなってしまうのではと心配で遠慮してしまいました。この暑さの中で水分補給が思うようにできません。

このスピードで走るのは14キロが限界でした。少しずつ遅れ出し、後方の4分45秒ペースの集団に吸収されました。
左足脛にいやな痺れを感じました。怪我?それとも脱水?
左手も痺れている感じがしました。今日はリタイアしようか悩みました。この気温で十分な水分補給もできずに走り続けることに不安を感じました。そして、最初からわかっていましたがインターバルだけでフルマラソンを走ろうとしても無理があります。短い距離でのスピードはついても長い距離に耐えられるスピード持久力がついていません。とても富山は間に合わないと感じました。

15キロの給水は紙コップ。完全に脱水気味だったため立ち止まって6杯飲み干しました。
この時点で4分45秒のクラスから完全に遅れ、背中を見て走る状態になりました。リタイアはせずに頑張りましたが20キロまでついていこうという目標はあっけなくここで幕を閉じました。

でも、集団から離れたことで給水時に渡されるウォーターボトルは一人で飲むことができ、結果的に脱水を防ぐことができました。但し脚は限界です。とてもサブ3.5を達成できるスピードはついていません。ハーフや30キロマラソンならばごまかせますが、フルマラソンに耐えられる脚、スピード持久力はついていません。それがはっきりわかった30キロ練習会でした。25キロを過ぎてからは5分さえ切ることが難しくなり、5分10秒、15秒、20秒とどんどん落ちていきました。最後の500mほどは5分程度に戻すことができましたが、2時間27分21秒。4分45秒ペースの集団から遅れること5分でのフィニッシュ。5分ペースの集団に吸収されなかったことがせめてもの救いです。
30キロに限定すれば何とかキロ5分ペース以下で走ることができましたが、あと12.195キロを1時間2分で走れるかと聞かれたら答えはNOです。現実的には3時間40分がやっと切れるくらいでしょう。

富山は現実を見極めてキロ5分ペースが何キロまで続くのかを試すレースになると思います。大阪はネットタイムで富山を上回ることです。最終的にサブ3.5は今シーズンの締めくくり静岡で狙うのが妥当だと思いました。でも、静岡ではペーサーに頼るのではなく自分の力で達成しようと思います。

現実はまだまだ力不足ということがはっきりわかった練習会です。

40km練

2017年9月29日
新しいクラブに入ってからというもの、練習はインターバルとショートペース走(5000m~8000m)ばかり。20km、30kmといった距離走は皆無である。LSDすらやっていない。ジョグだけで終わりにするという軽い練習もない。常にスピード練…
確かに依然と比べるとスピードはついたように思う。短い距離ならキロ4分切りだって可能だ。5000mなら21分で走れる。しかし、どんなにスピードがついても不安が拭えない。持久力やスピード持久力があるのかわからない。長い距離を走っていないので富山マラソンを1ヶ月前にして不安が日ごとに増している。10月8日はDACの30km走(赤羽の荒川河川敷)だが、その30kmですらまともに走れるのかわからない。例年フルマラソンの2ヶ月くらい前から20km走を頻繁に入れて30km走もやる。そして1ヶ月から遅くても3週間前に40km以上走をやっているのだ。
今回は何もしていない。6月から7月にかけて40km走をたくさんやったがそれ以降はやっていない。富山まであと1ヶ月…
来週の30km走は既に富山の3週間前。いきなりプラス10km走って40kmという自信もない。そんな訳で今日久々に皇居で40km走を行った。6月からは織田フィールドと神宮外苑が主体の練習のため思わず懐かしく感じて写真を撮った。
1皇居

今日はスピード持久力を確認するのではない。フルマラソンを走るための脚づくり。ゆっくりと走り続けることで脚に負担をかけてフルマラソン用の脚として慣らすこと。そして持久力の確認。

永田町をスタートしてキロ6で皇居を走る。桜田門を入ったところでベンチに2リットルのペットボトル(水)を置いた。まだ走った距離は1.5km。
本当に久々と思えるほどの距離走、ロング走、LSDだ。
時折キロ6を切ってしまうので今日はスピードを出す練習ではないと自嘲して落とす。こんな繰り返しで4周目に突入した。疲れはない。
今日は正午から富山マラソンのマラソンバス申込みが開始される。富山駅前からスタート地点の高岡市役所まで全員座って行けるマラソンバスなのだ。黒部宇奈月温泉駅または富山駅から新高岡駅までの新幹線利用者には行政が交通費の一部を負担するらしい。新幹線利用だと新高岡駅からバスに乗らないとスタート地点へ行けないので、私は乗り換えなしで100%座って行けるマラソンバスを選択した。ただし先着1000名(40名乗りのバス25台分)なのでインターネットはパンクするだろう。ゆっくりと走りながら5分前にウエストポーチからiPhoneを取り出した。富山マラソンのホームページを開き申込みの準備に取りかかった。正午になるのと同時に「申込む」をタップしたが予想どおり繋がらない。キロ7以上にスピードが落ちて走りながら何度もタップすること30分以上。それでも繋がらない。
(だめか、新宿シティと同じだ。繋がった時には定員に達しましたなんてことになるんだろう。)
そう諦めかけた時にやっと繋がり幸運にも申込みを終えることができた。ほぼ1周、iPhoneやりながらの超ゆっくり走だった。

申込みが終えた後はキロ6に戻り、30km、35kmと難なく走り続けた。案外脚は大丈夫。特に疲れもなく攣りそうになることもない。本番もこんな感じならいいなあと思いながらの走りが続く。37kmになったところで少しペースを上げてみようかと考えた。
本番ならあと5kmで終わり。この時点で本番でもペースを上げられるよう、いや落ちないように今練習をしておかなければ…
少し重くなった脚を少しずつ早く回転させてキロ5前後にペースを上げた。意外にも大丈夫。本番もこうできればいいが、本番ではここまでの走るペースが全く違う。キロ6前後なんてそんな甘ったるいものではない。サブ3.5を目指すには4分50秒で30kmまで頑張りたいのだ。

自信は今日の朝までなかった。
でも今は…
今は”ない”から”来週の30km走の結果次第””に変化した。
また来週、その心境の変化について記したいと思う。

もうすぐ富山マラソン

あと1ヶ月余りで富山マラソンである。今年で第3回だか前2回は払込みまで済ませて不参加だった。一昨年は隔週で富山、おかやま、つくばになってしまったため渋々富山を断念。昨年は大阪が当選し開催日が重なっていたため2年連続で富山を断念。富山に対しては申し訳ない気持ちで一杯だ。今年は三度目の正直で初出場ということになる。
富山マラソン最大の難関は20km過ぎに訪れる高低差50mの新湊大橋。心臓にハンデがある者としては、この心臓破りの急坂新湊大橋が不安だが、日本海の景色を楽しんで走ればクリアできるだろう。苦しいと思えば苦しくなるし、景色が綺麗だと思えば苦しさなんて忘れる。
では目標はどうなのか。シーズン始めのマラソンは記録が望めない。10月は本格的なマラソンシーズンではなく、気温の関係もありそれが顕著になる。冬に向かって調整が上手く進み徐々に好記録が出る。年明けの2月から3月といったところがベストパフォーマンスができる時期だ。
ランニングクラブの練習も10月レースに照準を合わせるようなことはしていない。春から夏はスピードを高めるインターバルが中心でこれからようやく距離走に入るところ。10月からのDACは毎週土曜日が30km走。つまり、せいぜい11月からのマラソンにスレスレ対応できるといった調整方法。10月のマラソンはこれから始まるシーズンに向けての予行演習。42.195kmに耐えうる持久力とスピード持久力を確認するためのレースでどちらかというと練習感覚なのだ。当初はそんな思いでいたので富山の目標は3時間40分前後と考えていた。
当初は…当初はということは今は違うということか。その通り。今は違うのだ。
何と予期せぬ方から来年3月の静岡マラソンで私のサブ3:30達成をサポートしてもいいとう申し出があったのだ。サポート、つまりペーサー。大変有難く嬉しい気持ちで一杯。どう感謝の意を表していいのか迷ってしまうほど。
でも、これに甘えていいものなのかが疑問だった。ペーサーになるということは、そのレースは自分のためのものではなく人のために捨てるということを意味する。大事なレース。しかも3月に行われるレースは十分に記録が狙える。
その方が言うには、ペーサーになるにはいくつかの条件があるのだそうだ。それを聞いて少し安心した。
第一は11月のつくばマラソンで国際陸上競技連盟が発表している国際マラソン参加標準記録の3時間10分を切り、大阪国際女子マラソンのエントリー資格を得ること。(2018大阪国際女子を走る)
第二は上記が達成できなかった場合、来年1月の新宿シティハーフマラソンで東京マラソンの準エリート資格を獲得し、且つ東京マラソンで国際マラソン参加標準記録を突破すること。
以上二点がいずれも達成できなかった場合は、静岡でのペーサーは取りやめて自分のレースとして挑み、国際マラソン参加標準記録3時間10分の突破を目標にするといったもの。
つまり、自分の今シーズンの目標を達成した場合に限り静岡で私のペーサーをしてくれるとのこと。彼女のベストタイムは2017名古屋ウイメンズの3時間23分。このレベルでの14分短縮は容易なことではない。1kmを約20秒短縮しないと3時間10分を切ることはできない。普通なら最低でも2年かけて狙う記録だ。将来的にはサブ3を達成できる力を持っているので単なる通過点になるのだろうが、1年で達成するという難しい目標を是非ともやり遂げてほしい。
そして、私は他力本願でペーサーに頼るのではなく、自分の力で富山でサブ3:30を達成してしまおうと急遽思いついたのである。私が早めに達成してしまえば彼女は変なプレッシャーを感じることなく自分のことに集中することができる。彼女がサブ3:10を達成できるか否かは私の結果にも大きく左右されるのだろう。だから富山で達成して自分のことに集中してもらわなければならない。
富山に対する私の自信…それは次回記すことにしたい。正直なところ自信は…?

今週の練習

9月12日から16日まで5日連続で練習会に参加しました。
12日火曜日はリスタートの1000mインターバル。私の前でペーサーをしているのは、今年4月に資生堂を引退したばかりの会津コーチです。引退後も資生堂に勤務し、夜はリスタート、ハリアーズ、adidasで市民ランナーのコーチをしています。
0911.jpg

13日水曜日午前は前日夜に引き続きリスタートの練習でした。この日は400mインターバル。2日連続のインターバルで疲れ気味なのか、若干腰が落ちています。私の前を走るのは片岡純子ヘッドコーチの旦那さん。リスタート石川代表です。作新学院野球部出身でフルマラソンは2時間40分で走ります。
0912.jpg

14日木曜日はDAC、SWAC、チームM×Kの合同練習でこの日も1000m7本のインターバル。SWACには体験入部をしているのでその時お世話になったコーチ陣等、見覚えのあるお顔が多数…
ラスト1本はフリーという設定でしたので最終のトラック1周400mだけペースを上げました。3日連続のインターバルで疲労感ありありでしたが81秒(1キロ換算3分23秒)で走ることができました。練習後は400m×4のリレーが行われ、楽しいひと時を過ごすことができました。

15日金曜日はadidasの東宮御所3周(10キロ)ビルドアップ。この日はサブ4が目標の中級者レベルでしたので設定ペースは緩めです。しかし、ラスト1周はフリーということで皆さん飛ばすことが予想され、それなりの覚悟を決めました。なぜならば男子の顔ぶれを見ると半数は上級者でしたから…
3周目は14分50秒(1キロ換算約4分30秒)ほどで走ることができ、起伏のきついこのコースとしては満足できるものでした。4日連続のガチ練は身体にかなりの負担を感じます。インターバルが主体なので走行距離は多くないものの、心肺への負担がかなり大きいです。本来やってはいけないインターバル。でも、サブ3.5を達成するためには避けては通れない道。いつまでも走れるわけではありません。いつかグラフトの寿命が訪れます。カテーテルか2度目のバイパス手術かわかりませんが、そうなったらもう走ることはできないでしょう。少なくとも記録を狙うような走りはできなくなります。だから、そうなる前に目標を達成しておく必要があるのです。そのチャンスは調子のいい、体調のいい今なのです。今が勝負なのです。どう考えてもやはり私には時間がないのです。今を逃したら死んでも後悔が残ります。今、できる範囲で精一杯やらなければならないのです。着実に心肺は強くなっています。走力もアップしています。信じられないほど強くなっています。それを日々感じながら走っています。
香港の悪夢がなく、同じように5年半の努力を重ねていたらどんなことになっていたのか考えることがあります。正直悔しさがありますが、何のハンデもなければここまで努力することはなかったかもしれません。ランに飽きてとうの昔に辞めていたかもしれません。心筋梗塞が私を強くしてくれました。ここまで頑張れたのはランに惚れたということもありますが、心筋梗塞のおかげでもあります。心筋梗塞なんぞに負けてたまるかという闘争心が強くありました。「ありがとう心筋梗塞」と言って自分を慰めるしかありません。一生消えない心筋梗塞の傷跡。一生友達、ライバルでいなければなりません。友達として上手につき合っていきますが、普通の友達と違うのは再会してはならないということです。
adidas0914.jpg

16日土曜日はリスタートの代々木公園クロスカントリー。5日連続の練習会ガチ練が終わりました。明日は台風ですので走れるかわかりませんができたら走りたいです。

来週は火曜日から木曜日の3日間で5回の練習会を予定しています。火曜日リスタート、水曜日朝7時adidasと9時10分リスタートのはしごラン、夜DAC、合計3部練。木曜日adidasです。まだまだやります。
GO TOP